長期レンタカーの法人利用

法人や個人事業で車を利用されるとき、カーリースや社用車を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?しかし、レンタカーも法人利用が可能なことをご存じですか?レンタカーを法人で使う方法とメリットをお伝えさせていただきます!

法人でレンタカーを利用するメリット

まず、法人でレンタカーを利用する主なメリットは以下の3点です。

メリット①

シーンに応じた使い方ができる

まずは、一つ目の「シーンに応じた使い方ができる」という点です。
例えば、ビジネスマンが地方に出張する場面を想定してみましょう。

慣れない土地で電車やバスを乗りつないで目的地に向かうよりも、出発地点から、もしくは出張先でレンタカーを借りて移動したほうが効率が良いでしょう。
地域によってはバスや電車の本数自体が少ないことがありますし、公共交通機関は時間に正確でない場合が多々あるからです。

また、資料や荷物の持ち運びが必要な際も、レンタカーであれば移動がスムーズです。
一日に複数個所を巡回する場合や、業務の合間に空き時間ができるような場面でも、レンタカーの利用が便利です。

メリット②

メンテナンスにかかるコストや手間が省ける

二点目の「メンテナンスにかかるコストや手間が省ける」という点についてです。

社用車を所有している場合、車を利用していない期間があっても、駐車場代や車検費用などコストはかかってしまいます。また、タイヤやワイパーなど、消耗品や備品の管理も必要になってきます。

この点、レンタカーであれば、車両保険も含めたコストは、週ごとの、または月々のレンタル料金ににすでに含まれており、煩雑な手続きや作業も低減されますので、その分、他の業務に時間を割くことができ、業務効率化が進められると言えます。

メリット➂

レンタル料は経費処理が可能

レンタカー代は「旅費交通費」に含むことができるため、経費として処理することができます。

現状では車を利用する頻度が低い場合や、出張で車を使う頻度が高いといった場合は、経費でレンタカーを借りることを検討してみましょう。

使用頻度が高まってきたり、レンタカーを利用するうちに社用車の必要性が出てくるようであれば、それから購入を検討してみても良いかも知れません。

花屋編

営業編

現場監督編

ベンチャー企業編

ソフトウェア会社編

新車購入編

ディーラー編

弁当屋編

修理工場編

長期出張編

法人でレンタカーを借りる際に注目したい4つのポイント

法人でレンタカーを借りる際または法人向け会員サービスに申し込む場合に注目したいポイントには、以下のようなものがあります。

①保有台数について
会社で車が必要となりレンタカーを検討した時に、必要な車種や台数が揃うことが重要です。時期やレンタカー会社によっては、数日前に予約しても希望の車種を借りられないことがあるため、必要な日程や車種が判明次第、すぐレンタカー会社に連絡を取るようにしましょう。

②店舗数について
レンタカーは出発地点の営業所だけでなく、任意の営業所に返却することが可能な場合があります。詳細は各レンタル会社への確認が必須となりますが、この仕組みを利用できる場合、例えば「出発時は10人の社員を乗せて移動する必要があったが、帰りは運転手1人で良い」といった場合にも、対応できます。

➂保険制度・補償制度が充実
レンタカーには、対人補償・対物補償・車両補償・人身補償が限度額の範囲内で付帯していることがほとんどです。その料金はレンタカー料金に含まれていることが多いですが、警察に事故の届出を実施しなかった場合(事故証明がない場合)や、出発時に申し出た運転者以外の人が運転していて起こした事故などについては補償されませんので、注意が必要です。

④その他のサービス
レンタカー会社によっては上記のような基本補償以外に、選べる補償制度を設けているところがあります。例えば、自己負担額(免責額)の免除や、無償でタイヤトラブル対応を行ってくれるなどの内容があります。これについても、オプションの有無や詳細については、各レンタカー会社へ確認すると良いでしょう。

法人でレンタカーを借りよう

以上、法人でレンタカーを借りることのメリットとレンタルの際の注目ポイント4点についてお話しました。法人会員として登録することでレンタル料金の割引を行っているところがほとんどです。本記事で紹介した4つのポイントをもとに、自分の会社に適したレンタカー会社を探してみてください。

お問い合わせ

お気軽にお近くの店舗までお問い合わせ下さいませ